​〈妊産婦整体〉

○妊娠中で腰痛や股関節痛でお困りの方。
​○産後で骨盤の歪みが気になる方。
○その他、産前産後でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談下さい。
○予約制です。お電話下さい。

​※女性施術者もおりますので、お気軽にご相談下さい。
〈料金〉

マタニティ(妊娠中)整体コース  4,000円

産後(骨盤矯正)整体コース    3,000円
​       
​NPO法人日本妊産婦整体協会のホームページはこちら
妊産婦整体協会.png
 
妊産婦整体.png
■産後(骨盤矯正)整体コース

​10ヶ月近く赤ちゃんを宿していた母体は疲れ切っています。

​出産後も産道を開くために放出されたホルモンの影響で骨盤の結合がゆるんでいる状態が続きます。

また、骨盤の底で子宮で内臓を支えていた筋肉は弾力を失ったゴムのような状態になっていて、この筋肉の緩みは尿漏れなどの原因となります。

最初に骨盤底筋群の機能回復を行い、それから骨盤矯正へと移っていきます。

骨盤底筋の強化が産後1ヶ月くらいから、本格的な骨盤矯正は産後3ヶ月くらいが最も適した時期だと考えます。

これから続く子育てや、次の出産に備え、しっかり身体を休めて身体を整える事が大切です。

施術と平行して正しい姿勢やストレッチング、セルフケアの方法も指導します。

〈料金〉  約30分 3,000円

​※乳腺炎、尿漏れのケアは女性施術者が対応致します。

 
■マタニティ(妊娠中)整体コース

​「妊娠中は危ないから・・・」「これくらいの痛みはみんな我慢しているのよ」

妊婦さんが整体を受けることに対して多くの意見がある中、腰痛、股関節痛、肩こり、ストレス等で多くの方が苦しんでいます。

その方々の助けになりたいと、マタニティ整体コースを始めました。

マタニティ整体は、まず体の歪みを調べて、タオルを使ったストレッチである程度歪みを整え、直接的、間接的に骨盤底筋や内臓を緩めて、赤ちゃんが快適に過ごせる環境を作ります。

直接子宮を強く押したり、揉んだりすることはありません、

​施術に関しては、母体や赤ちゃんの安全を第一としたうえで、少しでも症状が緩和されるよう、妊婦用クッションを使用し、状況に応じて負担の少ないシムス位(ほぼ横臥位)で行います。

施術と並行して正しい姿勢やストレッチング、セルフケアの方法も指導します。

身体のストレスが精神のストレスを助長します。また、その反対の場合もあります。
マタニティ整体で身体的にも精神的にも良いコンディションを保ちましょう。

※整体を受ける時期の目安は安定期から出産直前までです。
その時期以外の方はご相談下さい。

​〈料金〉   約30分 4,000円
妊婦さん写真2.png
​施術前
​施術後
施術により下がっていたお腹が上がることで、切迫流産の予防や腰痛改善に効果があります。
 
 
〈よくあるQ&A〉

1.妊婦のうちから整体を受けるのは良いことなの?

妊婦から身体のバランスを整えておくことで、身体の過剰な負担を減らし、快適なマタニティライフを送ることができます。
産後の整体も効率よく行うことができます。
反り腰の改善の為のストレッチやエクササイズ、タオルを使ったストレッチ等を指導します。



2.マタニティ(妊産婦整体)はいつから受けられるの?

安定期~出産直前まで大丈夫です。
出産前日まで施術したケースもあります。
つわりのケアもできますので、お気軽にご相談下さい。



3.産後どれくらいから見てもらえるの?

出産で消耗した母体がある程度回復した産後1ヶ月から骨盤底筋群(骨盤の下部を支える筋肉)のエクササイズを、骨盤矯正はリラキシン(靭帯を緩めるホルモン)の作用がおさまる産後3ヶ月位から始めるのが母体の負担が少なく最適です。
それまでは可能な限り安静にして体力の回復を図って下さい。



​4.何回くらい通えば良いですか?

産後の身体のバランスは個人差が大きく「何回で大丈夫」とは言えませんが、週一回のペースで3ヶ月というのが一つの目安になります。(10回程度)
 

〈施術担当〉

20220126-P1000261copy1000.jpg
​小川博久
日本妊産婦整体協会会員
​柔道整復師
20220126-P1000263copy1000-2.jpg
​坂本孝子
日本妊産婦整体協会会員
幼稚園教諭・保育士
​介護福祉士
おがわ整骨院ロゴ.jpg